その横顔の切なさは

 ある朝起きたらネガ2号はポジだった
 顔と体はポジなのだけど、中身は正真正銘ネガ2号
 「ま、まさか昨日の神社で・・・!?なんつって行ってねえし神社、
 『同級生』かよ!てゆーか夢だなこれきっと」
 とグイグイ頬をつねったらめちゃイテー!夢じゃねー!

 慌ててリビングに行ったらそこにはポジ母が
 部屋いっぱいに紅茶の香りをただよわせ朝食中。
 「あ、あのー・・・
 「あらおはよう、ポジ!」眩しすぎる笑顔。
 「あ、どうも・・あのー俺ポジですか」
 窓が広く 明るい光に満ちた部屋。ポジだけどネガ2号は目を伏せる
 「・・・あなたも朝ごはん食べなさい。すぐ用意するわね」
 あかん、無視や・・
 とりあえず座る。手も足もネガ2号のものではない。

 こ れ は ポ ジ だ しかも夢でもない

 ドッキリか?この前オレがタウン誌にポジの名前で
 「少女募集。年齢より顔重視。セーラー服必須」
 って地味ないたずらしたのバレたの?

 なるべくポジ母と目を合わせないようにもさもさと飯を食い
 (ポジ母はなにかと笑顔で話しかけていたが)
 食後のコーヒーを断りさっさと部屋に戻ると携帯がなってる
 着信は『ネガ2号くん(落研じゃない方)』
 なんだよ落研じゃない方って・・・オレと1号の違いってそれなわけ?
 ほんのり寂しいネガ2号
 しかしひたってる場合じゃない。
 オレがポジってことはポジはオレの可能性も高いわけで

 ネガ2号:もしもし
 ポジ:もしもしネガ2号くん!?
 ネガ2号:うわーオレの声!マジでポジ?
 ポジ:ほんとだよーどうなってんだろう!
 ネガ2号:オレも聞きたいよ・・・戻れんの?
 ポジ:とにかく僕ミスターパンさんとこ行ってみるよ!
    なにか分かるかもしんないし!
 ネガ2号:ミスターパン!あのエロハゲインチキインポ爺!?
 ポジ:いや、インチキとも言い切れないよ・・・
    色々詳しいしさ、とにかく行ってみるよ
 ネガ2号:まじかよー元戻んのかよーどうすんだよーー
 ポジ:大丈夫だよ。きっと元に戻れるよ。
    それにこんな経験なかなか出来ないでしょ!
 ネガ2号:・・・・・お前って前向きな・・・
 ポジ:とにかくしばらくは他の人には言わないでお互い演じきろう!

 そんな、ポジティブポジ男に押し切られ渋々了解するネガ2号!
  次号を待て!!

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー